スポンサードリンク


水素水

水素水とは、水素分子が豊富に含まれている水のことです。水素水が、その水素によって、優れた抗酸化作用をもつことは、太田成男教授などの研究により明らかにされています。



水に水素を溶存させるというシンプルな成り立ちにより、内臓への負担も少なく、抗酸化作用をもつ物としてはとても扱いやすい物質といえます。



しかも、水素は、ビタミンCなどと異なり、血液脳関門をたやすく通過するなど、その抗酸化作用は、脳を含めた全身に及びます。



水素水は、抗酸化作用をもつ物としては、とても優れたものといえますが、しかし、どれぐらいの量の水素が含まれていれば、水素水なのかという定義はいまのところ存在しません。しかも、水素はとても放散しやすく、水中に溶存し続ける性質を持たないことが知られています。



水素水として工場で生産されても、消費者が消費するときには単なる水になっている可能性があるのが、水素水の大きな問題点です。



消費者が水素水の溶存水素量を推測する方法として、酸化還元電位の計測があります。水素の酸化還元電位は−420mV、酸素の酸化還元電位は+815mVとされています。酸化還元電位が、0mV(ミリボルト)から、0mVを含むマイナスの測定値をもつ水素水であれば抗酸化作用が期待でき水素が有効量存在すると推測することができそうです。



酸化還元電位計は、市販されていますから、これを目安として手軽に計測して確認することはできるといえます。ちなみに、水素水の梱包材としては、アルミニウムが水素の放散を防ぐことで最適といわれているようです。



梱包容器として広く普及しているペットボトルは、水素の放散に対しては殆ど無防備といわれています。水素水以外でも水素の溶存が効能の要因と考えられる水は、注意が必要と思われます。

水素水 最新一覧 By 楽天
| 水素水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。