スポンサードリンク


「水素水7.0」ppm

「水素水7.0」ppm は、医療現場でも使用されているユーザー自身が水素水を作るタイプで、旧名称を「水素水5.0」といいます。



水素発生剤1包を試験管のような専用カプセルに入れ、少量の水をたらして水素ガスを発生させます。そのカプセルに蓋をして、500mlの水が入った炭酸飲料用のペットボトルの容器に入れて密封すると、水素ガスが水に溶け込み、水素水になります



なお、「水素水7.0」ppmは水素発生カプセルを入れて24時間後にボトルを振ることで名称通りに約7.0 ppmの測定結果が得られるとされています。



また、急ぐときには、セットしてから約10分前後に、ペットボトルを30秒ほど振ることで圧力をかけると、5.0ppm前後の水素水を得ることが出来ます。



旧名称の「水素水5.0」を使用した某誌上実験においても、「溶存水素濃度判定試薬」(MiZ株式会社)を使用した計測では、4.4ppm、太田教授の研究室での、ユニセンス社製のニードル型溶存水素測定器では、5.79ppmの値が得られたと発表されています。



分子状水素医学シンポジウムでは、0.08ppmを超える水素の溶存量であれば、水素水として認めています。



また、ひとつの目安として何の圧力もかかっていない状態で、最も高い濃度の水素水の数値、「飽和水素水」は、1.6ppmとされていて、通常ではこれが最も高い水素濃度です。



したがって、「水素水7.0」ppmは、水素水としての効果を充分に期待できる製品のひとつといえます。(ppmとはparts per millionの略。100万分のいくらであるかという割合を示す単位で1ppm=0.0001%)



水素水 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。