スポンサードリンク


アトピー性皮膚炎と水素水

水素水がアトピー性皮膚炎や花粉症に効果があるようです。水素水は、高い抗酸化作用があります。抗酸化作用は、アトピー性皮膚炎や花粉症を引き起こすTh2細胞優位の状態を改善すると考えられています。



T細胞というリンパ球の一種にTh1とTh2というヘルパーT細胞があります。Th1という細胞は細胞傷害性T細胞(CTL)やマクロファージに作用してそれを活性化して、免疫細胞の活性を増強させる作用があります。 Th2は、いわゆるヘルパーT細胞と呼ばれるもので、B細胞や抗原提示細胞と協力して抗体生産を行ないます。



アトピーや花粉症が発症するのは、Th1とTh2のバランスがくずれてTh2細胞が優位な状態になり抗体を過剰に生産してしまうことです。水素水の抗酸化作用が、Th2細胞が優位な状態にある花粉症やアトピー性皮膚炎で悩んでいる人の免疫応答性を改善し抗体の過剰な生産を抑制することができるとされています。



しかし、Th1とTh2とは、実際には単純な対立構造ではなく、複雑に関連しあう関係があるらしく、必ずしも効果が出るとは限らないようです。また、これは体内の環境を変化させるいわゆる体質を変えるといえる作用のために8週間〜12週間の摂取が必要なようです。水素水を摂取しても効果がすぐには現れず逆に悪化するかのような症状となることがあるようです。



水素水の効能 / 水素水と膀胱炎 / アルツハイマー病と水素水 / 水素水と歯周病 / 水素水と放射線防御効果 / 水素水と酸化ストレス / 水素水と花粉症 / 水素水と視力回復 / 水素水と認知症 / アトピー性皮膚炎と水素水 / 血液脳関門と水素水 / 水素水と副作用 / 水素水と高血圧 / 水素水とアンチエイジング / 水素水の問題点 / 水素水と美容 / 水素水と痛風 / 水素水と白内障 / 水素水と抗ストレス / 水素水と動脈硬化 / 水素水と糖尿病 / 水素水とがん

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。