スポンサードリンク


水素水と歯周病

水素水が歯周病の予防改善に効果があるといわれています。歯周病が悪化する原因のひとつに活性酸素が指摘されています。歯周病は、歯周病菌が増殖することが引き金になると考えられています。



歯周病菌が増えるのは、精神的、肉体的なストレスがかかることで、交感神経が緊張し、歯茎に血液を送っている血管が縮んで、血液の流れが悪くなることで免疫システムの機能が低下してしまうのが原因のひとつとされています。



歯周病菌が増えると、白血球の中の細菌を貧食する顆粒球と呼ばれる免疫成分が、歯茎の組織に集まり増加し、歯周病菌を退治するために、活性酸素を出します。



ところが、この顆粒球が過剰に集まり、活性酸素の発生する量が多すぎることで歯茎の組織までも破壊してしまい、結果として歯周病が発症し、進行してしまうといわれています。



そして、活性酸素によって破壊された歯茎の組織は炎症を起こし、血液の流れが悪いうっ血状態になり、それによってまた顆粒球が集まって活性酸素を出すという悪循環を繰り返して、歯周病が進行するといわれています。



水素水には、活性酸素消去作用があることからラットの歯周病モデルを用いて水素水を摂取することでの効果を検討した報告があります。



歯周病を発症させたラットに純水と水素水を与えたところ、純水を与えたラットでは、血清中の活性酸素(ROS)が上昇し、多形核白血球の浸潤、歯槽骨の減少を4週間で観察したと報告されています。



そして、水素水を投与した方は、血清中の活性酸素(ROS)の上昇が阻害され、歯周炎組織中の活性酸素による生体損傷を鋭敏に反映する優れたバイオマーカーとされている8-OHdG及び生体内における炎症と一酸化窒素産生のマーカーとして知られているニトロチロシンの産生の軽減が確認されています。



その結果、歯周病発症に伴う多形核白血球の浸潤、歯槽骨を破壊する破骨細胞の分化の抑制効果があり、さらに、マイトゼン(分裂促進因子)で活性化されるたんぱく質リン酸化酵素のような炎症反応の情報伝達系が水素水によって軽減されたと考えられています。



これらの結果から水素水の投与によって歯肉の活性酸素による損傷が軽減され歯周病の予防と改善に効果があると考えられます。

水素水 最新一覧 By 楽天



水素水の効能 / 水素水と膀胱炎 / アルツハイマー病と水素水 / 水素水と歯周病 / 水素水と放射線防御効果 / 水素水と酸化ストレス / 水素水と花粉症 / 水素水と視力回復 / 水素水と認知症 / アトピー性皮膚炎と水素水 / 血液脳関門と水素水 / 水素水と副作用 / 水素水と高血圧 / 水素水とアンチエイジング / 水素水の問題点 / 水素水と美容 / 水素水と痛風 / 水素水と白内障 / 水素水と抗ストレス / 水素水と動脈硬化 / 水素水と糖尿病 / 水素水とがん

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。