スポンサードリンク


水素水とは?

水素水とは、水素を豊富に含んだ水のことですが、天然にはフランスのルルドの水やメキシコのトラコテの水、ドイツのノルデナウの水、そして、日本では日田天領水が有名です。しかし、当初は水素水の果たす役割がわからず、九州大学農学部の白畑教授が、活性酸素に対して安易に活性水素なる言葉を未だ仮説の段階で使用したために無用の議論を生んでしまったように思われます。



水素水の議論に終止符を打ったのが太田成男教授がネイチャー・メディシン誌に発表した論文です。これによると、水素水の水素そのものが有益な仕事をしているというのです。すなわち、水素が体内において強力な抗酸化作用を持つというものです。しかも、驚いたことに、水素は、人体に有害なもの、悪影響を及ぼすものだけを選択して還元することを検証してみせたのです。



活性酸素は基本的には必要なものです。しかし、余分に出来てしまったものが、身体に有害なものとなるんですが、水素は細胞の中を自由に飛びまわって身体に有害な活性酸素だけに対して、それが発生した時点で効率よく働きかけて無害化するというのです。ですから、水素水を飲むことは、活性酸素が原因と思われるあらゆることに効果・効能が期待できそうです。



さらに、脳には分子量の大きいものは排除して脳を守るという血液脳関門という関所のようなところがありこれがために有益なビタミンなどの抗酸化物質が入る事ができずにいたのですが、水素のみが入っていくことができることがわかり、水素で脳梗塞などから脳をを守ることができる可能性を得ることが出来たんだそうです。水素水の問題点は水中に水素をどれくらいの期間とどめておけるかということだと思います。水素を必要としているのは自動車だけではなさそうです。

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。