スポンサードリンク


水素水とがん

水素水に豊富に含まれる水素が活性酸素に対して非常に強い抗酸化作用を持つことがわかっています。4種の活性酸素のスーパーオキシドアニオン・過酸化水素・ 一重項 酸素・ヒドロキシラジカルがありますが、そのうち最も毒性が強いのがヒドロキシラジカルです。水素はこのヒドロキシラジカルに対して有効であることがわかっています。



がんは、活性酸素によって遺伝子が傷つけられることで発症するとされています。水素水の水素はその活性酸素に抗酸化物として働くことでがんの発生を抑制することができるんです。



がんは免疫系のバランスが崩れると進行し、そのバランスを正常にもどすと、自己免疫力によってがん細胞を消滅させることが出来るとする説があります。これは、新潟大学大学院の阿保徹教授が唱えているものです。



私たちの身体を守る白血球にはマクロファージ・顆粒球・リンパ球の3種があり、5:60:35の比率で血液中に存在します。顆粒球は免疫の最大の働き手といえるかもしれません。様々な分解酵素を持つことで、大量の活性酸素を用いて体内に侵入した異物を処理します。そして、新陳代謝も高めます。ですが、顆粒球は増えすぎると、暴走をします。常在菌を攻撃したり、化膿性の炎症をおこすようになります。顆粒球は寿命は短く短期間で死滅しますが、その際に活性酸素を出して周囲の細胞組織を酸化・破壊してしまいます。つまりがんなどの病変が進行してしまうわけです。



リンパ球はふだん休んでいてマクロファージからのサイトカインという物質の情報を受け取るとはじめて、活発な活動をします。リンパ球が増えすぎた場合は、過剰な免疫反応、例えば、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患になります。



そして、顆粒球とリンパ球の比率はストレスの度合いによって決まるというのです。ストレスが大きいと顆粒球が増え、ストレスが小さすぎるとリンパ球が増えてしまうというのです。ですから、がんになったら、ストレスを除くことで顆粒球とリンパ球の比率を60:35にすることを第一に考えるべきだというのです。そうすれば、自然治癒力が働いてがんを消滅させることが出来るというんです。



水素水はその水素が活性酸素を還元して無害化します。がんの予防もしくは進行を止めるには効果があると思われます。例えば、がん患者の方が水素水を飲むことでがんの進行が止まった場合、水素水を飲むことでがんの進行に対する精神的恐怖などのストレスが軽減されることになります。


さらに他の生活環境の見直しなどでがんの原因になったストレスを取り去ることが出来れば、顆粒球とリンパ球の比率を戻すことが出来、したがって、がんが消滅するということが考えられるわけです。


水素水の効能 / 水素水と膀胱炎 / アルツハイマー病と水素水 / 水素水と歯周病 / 水素水と放射線防御効果 / 水素水と酸化ストレス / 水素水と花粉症 / 水素水と視力回復 / 水素水と認知症 / アトピー性皮膚炎と水素水 / 血液脳関門と水素水 / 水素水と副作用 / 水素水と高血圧 / 水素水とアンチエイジング / 水素水の問題点 / 水素水と美容 / 水素水と痛風 / 水素水と白内障 / 水素水と抗ストレス / 水素水と動脈硬化 / 水素水と糖尿病 / 水素水とがん



癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜ガン改善率100%への挑戦〜

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。