スポンサードリンク


水素水の問題点

水素水は、水素を含んでいる水です。水素は、原子番号1の元素です。とても軽い気体で、水中にあっても大気中に放散しやすい性質をもっています。分子も非常に小さくペットボトルの容器では容器の分子の隙間から簡単にすり抜けてしまいます。したがって、水素水を入れる容器の素材としてはアルミが適しているとされています。



中間限定責任法人水素研究会の発表では、一般論として、ペットボトルに封入された水素水について、溶存水素量を測定してみたところでは、5日で半減し30日でほとんどなくなるという測定結果を得ているとしています。



いまのところ、水素水の販売に当たっては品質に対しての規制などは存在しないようですが、将来的には溶存水素量の保持期限の表記設定などや場合によっては店頭などでの抜き取り検査などを行うことで品質の保持を行うべきものと思います。



水素水は、強力な抗酸化作用を持つ水素を簡単に摂取できる優れたツールですが、購入に当たってはどれだけ有効な量の水素を含んでいるのかをしっかり見極めることがとても大切なことといえます。



水素水と謳っていない水も水素を含有することで効果を得ているものがあります。これらも梱包材がアルミでなければ、数日であまり意味を持たないものに変身してしまう可能性が大きいといえます。購入に当たっては慎重な吟味が必要です。

水素水 最新一覧 By 楽天


水素水の効能 / 水素水と膀胱炎 / アルツハイマー病と水素水 / 水素水と歯周病 / 水素水と放射線防御効果 / 水素水と酸化ストレス / 水素水と花粉症 / 水素水と視力回復 / 水素水と認知症 / アトピー性皮膚炎と水素水 / 血液脳関門と水素水 / 水素水と副作用 / 水素水と高血圧 / 水素水とアンチエイジング / 水素水の問題点 / 水素水と美容 / 水素水と痛風 / 水素水と白内障 / 水素水と抗ストレス / 水素水と動脈硬化 / 水素水と糖尿病 / 水素水とがん

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。