スポンサードリンク


還元水

水素水は、健康効果の高い水といえます。しかし、水素水の主成分といえる水素は、とても放散しやすい成分です。水素水の効力は水素の含有量によって決まるといえます。しかし、水素の含有量を把握するのはなかなか難しいものがあります。



水素を多く含むと他の物質の酸素を奪う作用である還元をしやすい性質を持ちます。そして、酸化還元電位を計測すると低い値を示します。酸化還元電位が低い水素水は、還元力がある水ということで還元水といえます。つまり、酸化還元電位を計測することで水素の含有量を推測することができるといえます。



水素の酸化還元電位は−420mV、酸素の酸化還元電位は+815mVとされています。酸化還元電位が、0mV(ミリボルト)以下すなわち、0mVを含むマイナスの測定値をもつ水を還元水といいます。



したがって、酸化還元電位(ORP:Oxidation Reduction Potential)が低ければ低いほど水素の含有量が多く効力の高い水素水ということが出来ます。酸化還元電位計が市販されていますから、手軽に計測して確認することができるといえます。
| 還元水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。