スポンサードリンク


血液脳関門と水素水

水素水に含まれる水素は、血液脳関門を通過することが分かっています。血液脳関門(けつえきのうかんもん、英語: blood-brain barrier, BBB)は、脳内を流れる血液中の栄養物質などを脳の組織に選択的に移行させることができる脳の保護機構です。



さらに、脳毛細血管内皮細胞に発現するP糖タンパク質などの排泄トランスポーター(輸送担体)が、内皮細胞内に入った異物・毒物・薬物を積極的に血中へ戻す作用があることでも、有害物質の脳内への侵入を妨げることが出来、脳を保護しています。



血液脳関門を通過するには、脳毛細血管に発現しているトランスポーター(輸送担体)の関与によるか、細胞膜の成分である油脂(脂質)に、溶け込む脂溶性の成分であることが必要で、このどちらかによってのみ、血液脳関門を通過し脳細胞の中へ入ることができます。



したがって、輸送担体の存在するアミノ酸やグルコースなどの物質は、脳組織へ移行できますが、ビタミンCや薬剤などの水溶性で輸送担体をもたない成分は、血液中に投与しても、基本的には脳組織へは移行しません。



水素水は、その含まれる水素が、血液脳関門を通過することが確認されています。水素は抗酸化作用をもちます。したがって、水素水を摂ることで抗酸化物質を必要とする活性酸素に犯されている脳の部位に抗酸化作用をもたらすことが期待されています。


水素水の効能 / 水素水と膀胱炎 / アルツハイマー病と水素水 / 水素水と歯周病 / 水素水と放射線防御効果 / 水素水と酸化ストレス / 水素水と花粉症 / 水素水と視力回復 / 水素水と認知症 / アトピー性皮膚炎と水素水 / 血液脳関門と水素水 / 水素水と副作用 / 水素水と高血圧 / 水素水とアンチエイジング / 水素水の問題点 / 水素水と美容 / 水素水と痛風 / 水素水と白内障 / 水素水と抗ストレス / 水素水と動脈硬化 / 水素水と糖尿病 / 水素水とがん

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。